evol’s blog

愛があるブログ

やりたい奴は・・・

仕事の移動中 汗だくに鍛えて ありえない格好のわたしと いきなり話しかけてきた あいつ セカンドバージンなのか なんなんだ がっつき過ぎてる ワインいつでも奢るよって こんな安ワイン 悪酔いするわ ああ 汚れていく 乱れる 淫らなんて 美しいものではない…

エロいと言われたその20分後

子連れ泊のスワップ未遂 大人は酔いつつ 簡易ベッドでいち早く就寝の主人 奥様たち 子供の部屋へ戻る ふと 他人のご主人 わたしの膝に乗る 扉があいて 奥様登場 結構大胆なご主人なのね。 と 冗談交わす前に 彼が慌てて飛び起きて むしろ怪しい雰囲気 そう …

pour mon mari

固執するほど 気になって 愛して 携帯を覗いて 証拠を送り続ける。 そんな人物と契約を交わし 子をなし 養っているとは なんという浅はかな人生だろう。 私のスマートフォンを支配しても 私は全く支配されない せいぜい酔いしれていればいい スパイゲームに…

あやかしまやかしまだマシ

囚われてた 心と身体が 融解を離れ 分離した。 そんなもんだろうと 言うのは思うのは 簡単だった。 私の誰かが また囁くまで 私は聞こえないふりをして 生きようとおもった。 満たされない欲は その淀みを隠して 美しく羽ばたくように 切なくしっとりと まと…

片割れの方

非通知 着信 出られず おもいびとかと脳内変換し 構わずコールする。 ラバー、 ママ友のお灸が かなり効いている様子 ああ きっと 彼も生活するだけで ストレス わたしからのタッチも きっとストレス 予想に反して 彼からのコールでななかったらしい。 とて…

薄れゆく意識の中で

食欲が出てきている。 精神が戻る。 壊滅的に理解されない わたしの個がもどりつつある。 わたしはわたしに戻って またダーリンを裏切るのかしら。 悪気がないから 罪だ。 わたしは生きてるだけで やや罪だ。 ラバーとわたし。 お互い家庭持ちが 内緒で飲み…

絶望のゆくえ

ラバーからコールがなかった。 不倫カップル疑惑の音沙汰はない。 わたしのこの 静寂を破らない。 ホッとした方がいい。 わかっている。 どうせこの暇つぶしという名称の人生が わたしの気持を描き直す。 これは一つのパートに過ぎない。 余韻もなく終わった…

ステイ

仕事前に レッスン地に赴く。 セクシー路線のダンス音から オルタナティヴロック音へシフトして 駅前のコーヒーショップへ。 味気ない接客と 熱い苦い薄い そんなコーヒーと いつもと何も変わらず心地がいい。 怒涛の痴話騒動の最中も ルーティンワークを欠…

スクラップ

うけた制裁 ダーリンに携帯見せる。 なんだろう もうわたしのままでは暮らせない。 わたしのわたし固有のアレは 萎縮して ねじ曲がって 無理やり型をつくる。 契約8年目にして 変質してきた。 あなたとの退屈な日々において 外部の刺激を受けずに 生きられる…

オイタワシヤ

日曜日ながら ワーク、ワーク、ワーク。 合間抜け出て カフェランチ。 なんてプラトニック。 そうだ 今週は トンデモな事件があった。 知り合いは事故と言ってくれた。 どちらでもいい。 わたしをわたしにもどさなきゃならない。 携帯を覗き見る旦那と過ごす…

seductive

レス夫婦のリハビリテーション 浮ついたセクシーな気分を察してか ダーリンが要求するようになった。 夜中のお菓子まみれの私を 抱きかかえに迎えに来た。 夜の性交はいやらしくて好きだ。 イマイチ乱暴な愛撫をくれるダーリンと イマイチ乱暴なフェラをする…

本日もそうだったが 面倒くさいことする女が たまに引っかかる 本当に 思考使わないのかな と 嫌われたことが 無いんだろうな と 天然とかでなく 繊細なこと否定するわりに 自身の承認要求は 度を過ぎていて 吐き気すらおぼえる 彼女においては かなり優れた…

サドに飽きる

6日目の朝、 もう面倒だなという気持ちの表れか 適当すぎるメッセージを送り フェードアウト。 それ以来何もなし。 そもそも、返信のある人ではないし とても悔しい感じになりそうだったので 跡が残る前に足で自分の扉を閉じた。 オープンなフリも出来ないム…

サド

孤高 至高 チヤホヤされているのが日常の彼は 幸せへのハードルが高く さらに人間不信で 相手を罠にふっかける 下らない話には耳に入っても 決してそのようなことは口にしない 裏をよむのが日常 人間観察が日常 品定めの日々 目の荒いふるいにかけられ 何人…

呑みの後で

不可解で不愉快なオトコ 連絡先を周りから教えてもらって テキスト交換。 3日目。 よっぽど嫌われたのか、 ドン引きされたのに何でメールきたの? ズバッと切って良いのに とのこと。 いやいやいや、 君みたいな未婚男性の未熟さと 無礼な態度 よっぽど、そ…