evol’s blog

愛があるブログ

サド

孤高

至高

 

チヤホヤされているのが日常の彼は 

 

幸せへのハードルが高く

 

さらに人間不信で

 

相手を罠にふっかける

 

下らない話には耳に入っても

 

決してそのようなことは口にしない

 

裏をよむのが日常

 

人間観察が日常

 

品定めの日々

 

目の荒いふるいにかけられ

 

何人が傷つき

 

没落したのだろう

 

何人が彼を良く思ってないのだろう

 

陰鬱としたその美しい背景は

 

彼の首から唇を毒して

 

侵食する。

 

他者を同胞するわりに

 

自身は全く棚の上

 

怖がりな青年は 

 

青年のまま

 

肉体だけ朽ち

 

自身を上げるためなのか

 

他者を落とすことに

 

余念がない。

 

君には最上級の嘲笑をくれてやろう。

 

BRAVO

 

その壇上では

 

私は躍らない。