evol’s blog

愛があるブログ

サドに飽きる

6日目の朝、

もう面倒だなという気持ちの表れか

適当すぎるメッセージを送り

フェードアウト。

 

それ以来何もなし。

そもそも、返信のある人ではないし

とても悔しい感じになりそうだったので

跡が残る前に足で自分の扉を閉じた。

 

オープンなフリも出来ないムッツリは

目上から可愛がられている

いまが天井天下。

 

複雑怪奇なツラ抱えて

高齢化社会の中

大物たちから

可愛がられている対象の42歳独身。

 

あんな感じで20年後は

可愛がる側になるのだろうか。

 

人は環境が育て、それに順応する。

 

となると、1つのサイクルパターンを

発見した。

 

お金を稼ぐ人たちは、稼ぐコたちに貢ぐ。

夜の社会のように、

そのサークルはほとんど乱れることがない。

 

セクシーかと思ったら、

ただの買いかぶりと勘繰りで

全くチラつかせない大人ケチケチ男でした。

立場上、金払いはいいけどね。

 

人を可愛がる余裕のない男でした。

 

私はコレを生かして、もーっと磨こう。

審美眼を。