evol’s blog

愛があるブログ

オイタワシヤ

日曜日ながら

ワーク、ワーク、ワーク。

 

合間抜け出て

 

カフェランチ。

 

なんてプラトニック。

 

そうだ

 

今週は

 

トンデモな事件があった。

 

知り合いは事故と言ってくれた。

 

どちらでもいい。

 

わたしをわたしにもどさなきゃならない。

 

 

 

 

携帯を覗き見る旦那と過ごす反吐のでる毎日。

 

3時間前までの静寂を破るように

 

早朝、家の壁が破れるほど激昂するダーリン。

 

ダーリンは私の携帯を勝手に覗いた。

 

前夜のスイートな密会が暴かれた。

 

お互い家庭がある2人。

 

ラバーと私とラビリンスデート。

 

初めてだった。

 

恐ろしいほど楽しかった。

 

倒れそうなほどセクシーだった。

 

倒れる前に

 

ダーリンからグシャグシャにされた。

 

ラバーの奥様は以前から

 

ラバーの携帯覗き見していて追跡

 

密会は水に流そうと既にご存知。

 

しかもラバーの携帯内容スクショ保存。

 

ああ、きもちがわるい。

 

わたしの辞書にないことばかり。

 

 

 

 

 

人の携帯みるなんて

 

人でなし。

 

そんなだから

 

あなたたちのパートナーは

 

他の誰かに蜜をもとめる。

 

 

 

 

 

あなたたちは結託して

 

私たちを引き裂いた。

 

精神性を秘めた私たち固有のキャラクター。

 

その共有を許さないと。

 

あっという間に

 

私は個を失った。

 

 

 

 

 

あなたの妻である前に

 

わたしはわたし。

 

 

 

 

個性を失ってはまともに暮らせない。

 

 

 

 

仕事あいまの

 

カフェランチ

 

ほとんど味がしないまま

 

薬と押しこむ。

 

半ばあいまいなまま

 

生きてる。

 

廃墟より正気のない私が発生した。

 

はやく焼却炉へ

 

わたしを連れて

 

ああ

 

もう

 

こぼれそうな眼球が

 

こんな照り返して

 

いやしくあなたをもとめる。

 

 

 

 

allô

 

je te derange,toujours,mais ton le assez...

 

donc, je te n'aime pas bien sûr.

 

ce lettre je voudrais pas de tout dire....

 

ce mots trompe la mort,super!!

 

uh la la....

 

je lui monque...avec mon cœur passionément...